· 

噴門部痙攣症や逆流性食道炎のときに揉むべき反射区(足つぼマッサージ)|大阪市生野区鶴橋ここはな整体院

噴門部は胃の一部

噴門部は胃の一部です。食道から胃に到達するところを”噴門部”と呼びます。

 

 

噴門部痙攣症は自律神経失調

自律神経の失調などで噴門部が狭窄してしまうような時に揉むべき反射区が紹介されています。

 

足つぼが有効です。

 

自律神経失調には足つぼ療法が有効

足つぼというとリラクゼーションマッサージのイメージが大きく、治療院として専門的な感じが薄れてしまうんじゃないかと心配してますが、足つぼは自律神経の働きを整えるのに有効です。

 

足つぼ療法はその名の通り、足に刺激を与えます。

 

その刺激は必ず一旦、脳に届き、全身に下行して体に効きます。(上脊髄反射といいます)

 

この下行するルートのひとつに迷走神経を正常化したり、また別のルートに脊髄交感神経を正常化する働きがあります。

 

この迷走神経や交換神経が自律神経のことです。

 

足つぼ療法はその刺激が必ず一旦、脳に届き、全身に下行して体に効く上脊髄反射ですので自律神経失調を改善する力を持っています。

 

噴門部痙攣症にも足つぼ療法を

足つぼ療法でどうするのかを動画にしていますのでご参考になれば幸いです。

ここはな整体院は完全予約制です

ここはな整体院は

整骨院などの短時間の保険治療ではどうにもならない方に時間をかけて

リーズナブルな揉みほぐしマッサージでは不安な方に根本原因から

しっかりと個人のそのときの状態に合わせて

カラダ本来のつながりやゆるみを取り戻す施術を丁寧に提供する

【癒されながら良くなりたい方の為の治療院です】


”一人の患者さんの喜びのために誠実をつくし
安らぎと活力を与えられる治療家でありたい”と日々施術しています。

 

お気軽にご予約・ご相談ください

06-6712-3753
(平日10:00~19:00/土曜10:00~14:00)

 

施術料金は8,800円(税込み)


*ホーム*

 

*ネットご予約はコチラ*


*ブログ一覧*

 

*YouTubeチャンネル*(無理にとは言いませんがチャンネル登録喜びます)